早急に駆除する必要【アライグマは非常に凶暴で危険】

天井裏に住み着く際の被害

家

アライグマは天井裏に住み着く場合もあります。天井裏は断熱材が敷き詰められており、アライグマにとっては比較的住みやすい環境となります。また、天井裏は雨や風邪を凌ぐためにも使用できます。天井裏に住み着いてしまうと騒音や糞尿の臭いによる被害にあってしまいます。騒音はアライグマの足音が原因で、夜行性のため夜に音が響き渡ります。眠る時間帯に行動し始めるので睡眠の質が悪くなり、疲労を回復させることができなくなります。その状況が続いてしまうと、睡眠障害に陥りうつ病などの神経症を発症する原因にもなります。精神病を引き起こしてしまう前に駆除すると良いでしょう。

糞尿の臭いに関しては天井裏だけでなく、人が生活するリビングや寝室にまで影響します。食事などを食べる気が失せてしまいますし、睡眠にも影響を及ぼすでしょう。糞尿が天井裏に溜まりすぎてしまうと、劣化して抜け落ちてしまいます。その際に糞尿が部屋に落ちてくるので掃除が必要になりますし、天井の張替えもしなければなりません。そのようなことになると費用が無駄に発生してしまうので、できるだけ駆除しておいたほうが良いでしょう。

業者にアライグマの駆除を依頼したら調査してもらいます。調査の内容はアライグマによる被害の大きさとおおよその数を判断します。そこで捕獲器などによる設置数などで見積もり金額が決まります。事前に予算が決まっている場合は早めに伝えておいたほうが良いでしょう。